本研究室では、大規模電磁界解析技術と電磁環境評価技術を軸に研究活動を展開しています。現在の主なテーマとして、計算機シミュレーションによる人体に対する電磁界の安全性の評価や電磁界解析技術と信号処理技術を融合させた生体イメージング技術、太陽光と暑熱の同時ばく露による熱中症の発生機構の解明が挙げられます。 また、得られた成果に基づき広く情報発信をしております。以下にそれぞれの研究内容、成果について紹介します。

デバイスの安心・安全設計

 

 

 脳への電気刺激

 

 

生体イメージング技術

      

 

 

 熱中症の科学的考察