本文へスキップ

生体分野bio electro magnetics

 携帯電話、無線電力伝送など電磁界を利用した機器および設備による電磁環
境の生体安全性評価のための技術、その応用に関するさまざまな研究をおこなっています。


吸収電力と温度上昇の解析
無線電力伝送


 

吸収電力と温度上昇の解析

世界保健機関(WHO)の関連機関である国際非電離放射線防護委員会(ICNIRP)あるいは米国電気電子学会(IEEE)により電磁界の安全性に関するガイドラインが定められており、我が国では総務省により指針が設けられています。現在、無線通信通信機器を作製し、販売するには、その基準値を満たす必要があります。これらのガイドラインあるいは各国の指針の科学的根拠の更なる明確化、あるは標準化(統一基準作成)のためには、科学データの更なる蓄積が必要です。
そのためには、実際に人体への電波照射には制限がありますので、動物実験あるいは計算機実験によるアプローチが主流です。本研究室では、人体を模擬した数値人体モデルに電波を照射した時の、モデルに吸収される電力とそれに伴う温度上昇の計算機シミュレーションを行っています。なお、数値人体モデルは1辺が2ミリメートルの立方体から構成されており、各立方体に組織を割り当て、対応する物理定数(電気定数、熱定数)を割り当てています。解析より得られた成果は、WHOの文書において主たる研究成果として引用されるとともに、ICNIRPガイドライン、IEEE規格、更には我が国の防護指針の策定にも大きな影響を与えています。



SAR解析                温度上昇解析

 無線電力伝送

 無線電力伝送とは、電気・電子機器や、電気自動車を電源コードを介さずにワイヤレスで電力を供給できる技術です。しかしながら、伝送する電力は、携帯電話など無線通信に比べて大きいことが想定されます。また、最先端技術であるため無線電力伝送において基準値が満たされているかどうかを評価する方法(適合性評価手法)は確立されていないのが現状です。本研究室では、無線電力伝送システムに伴い、人体に誘導される電流や吸収電力を評価し、安心・安全なデバイスの開発に役立てています。

          
 自動車周辺の磁界分布            人体への誘導電界  

contents




平田研究室

6号館 814室 教員居室
   810室 学生研究室 

E-mail:ahirata【at】nitech.ac.jp

(【at】を@に変えて送信してください)